古文や漢文と言った古典は、現代文と畭なり読みにくく、?多くある中学生(青春だったと思う方も多いことでしょう)が苦手だと感じる教科のひとつであるのですよ。特に古文は、主語が省略されているのがほとんどで、助詞も少なく会話文も「」がなく、とにかく読見辛い印象です。しかし、問題を解くポイント(部分という意味もありますよね。アイメイクなんかをそう呼ぶこともあるでしょう)さえ掴んでしまえば、他の中学生(青春だったと思う方も多いことでしょう)と差を付けられる教科でもあるでしょう。古典の出題問題と言うのは、だいたいパターンが決まっていて、歴史(幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」は京都の人気スポットの一つでしょう)的かなづかいを現代の読み方に訳すことが基本になってきます。訳す際にポイント(ここを押さえるかどうかで上手くいくかどうかが決まったりしますね)になるのって、助動詞を理解しているかどうかです。なり、たり、ごとし、やらん、らむなんかの助動詞をしっかりと理解する事によって、古文の文章(得意な人は得意、苦手な人は苦手と分かれやすいものです)を品詞分解する事ができます。それが出来れば、滞りなく読む事が出来るので、得点UPへと繋がります。このように、文法を理解すれば、たいていの設問には答えられるになっているでしょう。古典が苦手だと表現してもいる中学生(できることならもう一度戻りたいという方と絶対に二度と戻りたくないという方に分かれるようです)の多くは、だいたいがこの文法(意外と間違っていても実際には通じてしまったりすることも多いですよね)を苦手としているのではないでしょうか。特に古文ならね、文法(意外と間違っていても実際には通じてしまったりすることも多いですよね)を理解してないで読んでいても、全く何を言っているのか分かりません。そして、ある程度文法の知識が身についたら、古文への読解力(読んだ文章を要約するのも向上させる一つの方法です)を身につけていきます。勿論、文法(退屈で難しく、挫折の元になることもままありますね)だけで文章全体を理解する事は難しいので、現代語訳と照らし合わせながら、文章を把握しましょう。また、文章(読む能力と書く能力は全く違うなんていいます)を音読することも重要で、音読することによって、徐々に古典の文章(わざわざ学ぶ方もいるくらい必要とされるスキルですね)に慣れ、より身近なものに感じる事が可能となりますー